無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
心臓カテーテルハンドブック |モートン・J. カーン
心臓カテーテルハンドブック心臓カテーテルハンドブック
モートン・J. カーン
メディカルサイエンスインターナショナル 刊
発売日 2004-05




いいですよー 2005-03-14
専門的なことが書いてはあるのですが、翻訳されているので、ホントに日本語ばかり。難しい専門の略語が使われてないぶんコメディカルが勉強するのにも最適。カテ中、内容はよくわからないけど、業務だけをこなしてる・・・という方がいたら、これを読むと楽しくカテに入れますよ。^u^

最初に読む本としてお勧めです 2004-10-11
心臓カテーテル検査の教科書はいくつも出版されています。しかし
極端に難しいか、簡単かのものが多く、中間となるものが乏しい状況
でした。
この本は、分かりやすい一方、必要なものを多く網羅しています。
事前の知識が乏しくても、読んでいけます。
一冊買うとしたら、この本がお勧めです。

これから心カテを始める人に 2004-09-21
穿刺方法から撮像の方向といった基本手技だけでなく,最新の止血デバイスや放射線に対する知識,研究的手法まで幅広く解説されている.
訳本なので日本とは状況が異なる部分があったり,施設によって細かい手技が異なる部分もあるが,基本手技として知っておくべきことは網羅されている.
値段も手頃で,カテーテル初心者には絶対お薦めの本.


さらに詳しい情報はコチラ≫




| | 心臓病 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://bloganz.jugem.jp/trackback/264