無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
体液異常と腎臓の病態生理 |Burton D. Rose /Helmut G. Rennke
体液異常と腎臓の病態生理
Burton D. Rose /Helmut G. Rennke
メディカルサイエンスインターナショナル 刊
発売日 1997-01




わかりやすい腎臓学の本です 2004-11-16
各章の冒頭が症例で始まっていて(第1章は除く)、読者は問題意識を念頭に置きながらその章を読み進むことになる。ところどころに小問題も設定され、理解を確認しながら進むと、章末に、冒頭の症例の解説と小問題の解答が出ている。大変良く考えられた構成だと思います。記述自体も簡潔な文章になっており(訳出が良い?)、読みやすく感じました。

素晴らしいの一言 2003-04-16
広い意味での”腎臓学”は医学生にとって最も理解に苦しむ分野の一つではないだろうか?その原因は理論自体の難解さにもよるのだろうが、もう一つ、多くのテキスト(生理学、内科学etc)に、その断片的な知識は記載されてはいるが、きちんとintegrationされていないという事実にあるようにも思う。それに対して、この本は科学的根拠をもとにして一貫した理論を、論理的かつ簡明に展開している。私自身読んでいてはっとさせられる記述が幾つもあった。暗記中心に偏りがちな医学生にぜひお勧めしたい本である。訳もgood。

これを読むとNephrologyが好きになるかも 2001-03-28
翻訳ものなので、日本人の書いたものに比べて、曖昧な表現ではなく、非常に読みやすい(これは私の偏見かもしれませんが)。退屈な記載の多い腎臓の本もこれならとても興味を持って読むことができました。END


さらに詳しい情報はコチラ≫




| | 腎臓病 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://bloganz.jugem.jp/trackback/256
2006/12/10 9:45 PM posted by: 腎臓 病気
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母のみきです。腎臓 病気情報のHPです。良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪
2007/04/02 3:08 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/04/08 3:55 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2007/07/24 5:43 PM posted by: 医学を集めた
腎臓針生体検査 腎臓針生体検査(じんぞうはりせいたいけんさ、腎臓針生検、腎針生体検査、腎針生検)は、腎臓に中空の針を刺して組織を抜き取り、顕微鏡で調べる病理学検査。 方法: 肋骨椎体角部(Costo-Vertebral Angle:以下CVA)に腎生検用の針を刺す。まずCVAを皮膚